社長のリゾートワークが節税につながることを知ってますか?

旅費規程で節税

エグゼクティブリゾートワークは節税手法としても効果が大きいことを紹介します。

リゾートワークには別の一面がある

IT化が進んだ現代において、会社経営のツールが整ってきました。そのことによって、社長は社内ではなくどこからでも経営を行うことができる環境を得ることができました。以前では難しかった社外からの形が誰でも簡単にできるようになったのです。

リゾートワークは経営者がリゾート地で仕事をすること

リゾートワークとは何でしょうか? 学生がリゾート地でアルバイトをすることをリゾートワークと言いますが、私は違う使い方をしています。ただのリゾートワークではなく「エグゼクティブリゾートワーク」です。
これは普通の人がリゾート地で働くことを指すのではなく、社長が社内ではなくリゾート地でリラックスして仕事に取り組む働き方をエグゼクティブリゾートワークと言います。

リゾートワークは経営者にとってメリットしかない

社長にとって、リゾートワークはどんなメリットがあるでしょうか?一番大きなメリットはビジネスアイディア想像力の強まりです。社内に入ると社員からのたくさんの質問&相談がきたり、社内を見てたくさんの雑念が浮かんできたりと、自分の仕事だけに集中することができません。本来、社長が最優先で取り組むべき仕事であるビジネスモデルを強めるとか、ビジネスモデルを洗練させていくとか、ビジネスモデルを発展させていくということが、社内では非常にやりにくいです。

ところが、雑音が無い、そして雑念が生まれない静かなリゾート地で、ゆっくりとした気持ちで仕事に取り掛かると、新しいビジネスアイディアや新しいビジネスモデルが次々と浮かんでくるのです。

そして各事業部への指示や、各社員への指示が的確に思い浮かんでくるものです。それをチャットを使って社内に指示を送り、業務を効率的にこなしていくことが容易にできるようになるものなのです。リゾート地での環境が社長の能力を数倍にも引き上げてくれるのです

もう1つ大きなメリットが「節税」になること

そして、これから言うメリットが一番重要です。実は社長がリゾートワークをすることが、会社にも社長個人にとっても、大きな節税対策になるのです

詳しいことは別の章で話すとして、社長が最適な環境で仕事が出来るようになって、かつ節税にもなる。エグゼクティブリゾートワーク(社長のリゾートワーク)は非常に良いことだと思いませんか?

エグゼクティブリゾートワーカークラブに入る?

しかし、通常の会社を経営している社長にとって、自分がどうやってエグゼクティブリゾートワーカーに具体的になれるのか、全く想像がつかないと思います。

そこで、エグゼクティブリゾートワーカークラブでは、経営者が現実的にリゾートワーカーになれるためのアドバイスや、ナビゲートをしています。

エグゼクティブリゾートワーカークラブでは、社長がスムーズにリゾートワークに移行できるようにナビゲートしていきます。会社も個人も節税になって、会社の業績も成長しやすくなる。多くの中小企業の社長が、そんな素晴らしい環境を早く持っていただきたいです。

エグゼクティブリゾートワーカー

リゾートワーク
ナビゲーターの
マークです。